作成者別アーカイブ: ikebukuro3-tri

オナ電

 最近夫が構ってくれなくなってしまったこと、専業主婦で昼間は退屈なことなどもあり、テレクラを使ってしまったんです。
そこで、大学生くんとオナ電を満喫してしまぃました。
リアルじゃないけれど、いっぱい乱れてしまいました。

 32歳の美也子です。
このところ、家庭内でエッチする機会も減ってしまってて、性的な不満がとても強かったんです。
昼間は、確実にオナニーをしてしまいます。
以前夫婦の間で利用していたバイブはもちろんのこと、最近自分で購入した電マなども利用して、快楽にふけってしまっていました。
だけど、ちょっと足りないんですよね。
そんな気持ちが強く、雑誌の広告でみたテレクラに興味を持ってしまったんです。
女は無料利用が出来るんですから、お試しにって気持ちでした。

 テレクラで繋がったのが、大学生くん。
20歳、若い男の子でした。
最初は軽い会話から始まったのですが、次第に彼の興味はエロい方向に向かって来ました。
「熟女のパンツ、どんな奴なんです?」
「今日は、すごく普通な感じかな?白地に黒のドット」
「オマンコの部分汚れてません?」
ツーショットダイヤルでオナ指示を初体験
「もう(笑)」
「触ったら濡れるでしょ」
「うん・・不満だからね」
「魅力的な奥さんのアヘ声が聞いてみたいな」
催促されてしまいました。

 そこそこ上手に、オナ指示を出してくれました。
オナ電が始まると、私の体はとても熱くなってしまったのです。
「エッチな汁が、止まらないよ」
「オマンコの音、聞かせて」
「うん」
「凄い卑猥、ほらオチンチンがギンギンだよ」
「いやらしいよ・・・」
オナ電に没頭してしまった私。
激しく感じてしまったのです。
バイブを突っ込んで、電マでクリちゃんの近辺を刺激。
その時激しく声が出ちゃったらしく、大学生くんも驚いていたみたいでした。

 その後、無料通話アプリを交換して、週に何度も彼のオナ指示でオナ電を満喫するようになってしまっています。
とても良いパートナーに巡り会えたって思っています。
エロイプ
テレフォンセックス

困った時に助けてくれる人

 困った時に助けてくれる人を探すために、SNSを利用しました。
23歳のフリーターです。
時給が安いアルバイトですから、仕事の割には実入りが少ないのです。
遊ぶお金が本当にない。
生活するのみで、ぎりぎり状態。
だからこそ、困った時に助けてくれる人の存在が、眩しいほどに感じられていました。
パパ活っていう、素晴らしい男女関係が世の中には存在しています。
困った時に助けてくれる人、肉体関係を求めない人を探したいと、当たり前のように考えるようになってしまっていたんです。

 困った時に助けてくれる人を探すとき、一番便利だなと感じたのがSNSでした。
SNSは、利用していない人を見つける方が難しいほど、世の中に浸透しています。
しかも完全無料で、高い匿名性があります。
こういう場所で、体の関係を作らない優しい紳士と出会えるような予感を感じてしまっていました。

 日頃から、頻繁に使っているのはTwitterです。
Twitterには、裏垢というのまであります。
また、企業のアカウントなどもたくさんあります。
パパ活サイト
ありとあらゆる人たちが利用している世界です。
だから、富裕層と出会えるチャンスが確実にある、そう思えてしかたがありませんでした。
困った時に助けてくれる人を見つけ出すために、新しくアカウントを作成して、救済してくれる人探しを始めてみました。

 Twitterだから、早めに相手が見つかるのではないか?
そんな思いは、脆くも吹き飛んでいくことになりました。
ツイートしたところで、反響がなかったり。
これは見てくれる人がいないと、反響がないのも当然。
だから、たくさんの人たちをフォローするようにして、フォロワーさんも増やすようにしていきました。
フォロワーさんが増えて行くと、今度はリプやDMが送られてくるようになります。
これらが、お金をくれる人からだったら問題はないのですが、基本冷やかしのみ。
馬鹿にされて終わってしまう。
リツイートまでされて、大炎上だったり。
火の車みたいになってしまっていました。

 SNSは、しばらく利用してみたのですが、より良い出会いを見つけることができませんでした。
これは、利用したサービスが悪かったのかな?
もしかしたら出会いやすいサービスとか、ネットにあるかもしれませんね。
もうちょっとチャレンジしてみようかと思います。
助けて掲示板
パトロンの作り方

愛人募集掲示板

 経営者仲間なのですが、自分のお店に足しげく通ってきている女の子に声をかけて、愛人にしてしまったと偉そうに話していたのです。
酒の勢いで、その愛人との性行為をべらべらと喋り続けるのです。
彼はかなり太っているし、髪の毛はないしで、こんな男にも愛人が出来るのだったら自分にもという気持ちになってしまいました。
先頃、妻と別居生活をするようになった自分にとって、愛人はとても良い性欲解消の相手になると考え、愛人を探してみようかという気持ちを強めてしまったのです。

 愛人を見つける方法は何か?
現在ではネトナンという方法があります。
ネトナンは一度も経験がないものの、金銭がらみの関係だから何とかなるだろうと思いました。
そこでちょっと検索して見つけた、愛人募集掲示板を利用することにしました。
無料で匿名性が高いため、ナイスな掲示板だと考えられました。
この愛人募集掲示板なのですが、投稿がとても多い。
男も女も、積極的に募集する投稿をしている。
見ているだけでヨダレが垂れそうになってしまうほど。
一丁、愛人募集掲示板を利用して、魅力的な大人の繋がりを作ろうと行動を開始することに。
愛人

 女性の投稿にメールを送ってみたのですが、迅速な返事が届いてテンションが上がりました。
愛人を探していた女性ですから、返事が早いのも当然なのかもしれません。
年齢は19歳。
ピチピチの女子大生に、心が躍りました。
生まれて初めての愛人募集だったようです。
「冷やかしとかで、ドタキャンも多くて凄く困っちゃってて、私は真剣なのに・・・本当に愛人にしてくれるのだったら、保証のために1万円だけ先渡ししてもらえませんか?」
こんなこと言ってくるのです。
なんだか、とても初々しい感じがしてしまったのでした。
支払い方法はギフト券。
こんなことで、若い肉体を手に入れられるならと、ギフト券購入をして、相手に番号を教えてあげたのでした。
これで即日待ち合わせして、パコパコ可能になると信じていました。

 結果、1万円のギフト券を相手に渡し、それ以来音信不通になってしまったのでした。
期待していた分、落ち込みが半端ではありませんでした。
パパ募集掲示板
愛人募集掲示板

ゴムフェラ

僕がよく利用している手コキ風俗はやたらとオプションメニューが多い。キス、ヌード、顔面騎乗、アナル舐め、乳首責め、果ては黄金水コースなんてのもある。その一つ一つに細かく金額設定がされていて、まるでピザのトッピングを頼むかのようにオプションを追加する。何だか本番がないだけで、普通のヘルスと何ら変わらないものであり、そう言う行為がしたかったら普通にヘルス行くわ!て感じだ。。
基本である手コキそのものは安いので、オプションの追加で儲ける仕組みなのだろう。だが、僕はハンバーガーチェーンでもメインのハンバーガーだけで、ポテトもコーラも頼まないような人間だ。かわいい女の子が制服姿で手コキしてくれるだけで十分満足している。だから「オプションはどうされますか?」と聞かれても「いりません」とはっきりと答える。気の弱い人間だったら、何もオプションを追加しないことが恥ずかしいことだと思って、いろいろと注文してしまうのだろうね。
プチ援
「ぶっちゃけ、覚えるのが大変ですよ」と、僕がよく指名するリンダちゃんが笑っていた。オプションが細かいので中には10個くらい注文する人がいる上に、時間も短いので「えーと、次は何だっけ?」と考えている暇もないそうだ。
「アナル舐めとディープキスをオーダーしてきた人がいて、その通りにやったらえらく怒られたりね」
確かにアナル舐めされた後にキスはしたくないが、そんなオーダーする方もする方である。
だから、取り分は減るものの、手コキだけに集中できる僕のような客は却って喜ばれているらしい。
ただ、今日は新しくオプションに追加されたゴムフェラを注文した。手コキが上手いリンダちゃんだったら、フェラはもっと上手いんじゃないかな?などと考えたのだ。
するとリンダちゃんは「かしこまり!」と、既に勃起している僕のチンコに手早くゴムをかぶせてパクリと咥えてくれた。手コキのようなリズムで上下運動してゴムの上からぬるっとした舌を動かしてくる。十分に元が取れる素晴らしいゴムフェラだった。
なお、ゴムフェラは生フェラより1000円ほど安い。1000円の差があるならばゴムフェラで十分だ。
フェラ割
フェラ割

パパ活掲示板

2年前まで私はパパ活掲示板を利用していました。その理由はホストにはまってしまい借金が膨らみ、風俗では働きたくないからパパ活掲示板を利用しました。パパとは体の関係はなかったけれど、ほっぺにキス程度まではしてお小遣いをもらいそれを借金返済にあてていました。そして、昼はOL。ボーナスも返済にあててなんとか2年後に返済。それを機にパパと会うのもやめて、ホストもパパを作ってからは行くのをやめていたので昼の仕事だけで働くようになりました。その後、職場で出会った社員の男性と付き合うようになり1年後にはプロポーズもされました。
無償でお金の支援
彼の親に会いに行った時にまさかのことが起こりました。それは彼の父親が私が会っていたパパだったからです。その場では他人のふりをしてなんとか切り抜けましたが後日彼から「親父に結婚を反対されている。俺の彼女に一番会いたがっていたのは親父なのに最低だよ。理由を聞いても教えてくれないし。だから、親父が結婚許すまでもう家に帰らないことにした。同棲しよう。」嬉しいような、やっぱりかと複雑な私。久しぶりにパパから届いたメールの内容も「息子と別れてほしい。」という内容でしたが、私は好きだったので別れることは出来ないことを伝えそれ以来連絡はありませんでした。
その後、同棲が始まって半年が経つと彼の母親が父親を説得して結婚を許してもらい、うちの両親は結婚賛成だったので無事に結婚することができました。そして、彼の父親とは出来るだけ会わないようにしました。
お金欲しい掲示板
支援してくれる人

ノンケのちんこ

この間、ゲイのハッテン場で有名な某公衆トイレで用を足したんだけどー。
まさか本当にゲイの人がいるとは思ってなくて。
だって、あれだけネットで噂流れてるんだから、もう別の場所に移動してんだろって思うじゃん。
俺、その噂は知ってたけど、別に興味ないし、人も少ない時間帯だったし・・・警戒しないでその公衆トイレ入ったの。
それで用を足して手を洗っていた時に・・・後ろから声かけられたんだよね~。もうホラーかと思ったよ。
ぬーって現れて、それが背も高いしゴツイ体格だし、顔つきもちょっと怖そうな・・・
その人が「ノンケのちんこにしておくには惜しいな」ってつぶやいたんだよぉぉぉ。
っていうか、なんで俺がノンケだと分かった?!
っていうか、ノンケのちんことか言って、いつの間にのぞき見したんだよ?
トイレの主か何か?
男銃というゲイがノンケをフェラする動画にぞっこんになり
確かに、ちんこは褒められたことあるんだよね。
実際、海外なんかいくと、よくゲイの方に声かけられることも多い。
うっかり「外人に話しかけられた、ウキウキ」なんて対応してると、ほんとマジ肛門の危機だからね。
ノンケのちんこにしておくには惜しいちんこ・・・褒められた気がしねぇ。
褒められてるけど、褒められたくねぇ・・・。
手がまだ濡れてる状態だけど、もう慌てて逃げたよ!
あのトイレさ、ゲイのハッテン場としてはもう終わってるかもしれないけど、ノンケのちんこをのぞき見するような仕掛けか何かあるんじゃないのかなぁ。
どこかに覗き穴があるとか、妙な角度で鏡が仕込んであるとか?
乳首責め
クリ舐め

ぽっちゃり女子のパパ活

ぽっちゃり女子のパパ活報告なんて別に聞きたくないけど、大学の友達がそういう話をずっとしてくる。
その子と取ってる講義が被る日があってさ。その曜日だけはその子とゴハン食べるのが習慣になってて。
どうしても週に一回、その、ぽっちゃり女子のパパ活記録を聞くハメになるわけ。
別にパパ活がダメとか思ってないよ?
他にもパパ活してる子いるし。
私は、別にそこまでしてお金が欲しいわけじゃないのもあるし、将来の役に立ちそうなバイトをもうしてるので、興味がないだけ。
だから余計に、私にパパ活のことを話したいみたいだね。
色々話を毎週聞いてるからある程度の事情は分かってるから言えるんだけど・・・
その子、ずっとぽっちゃりで小学生の時からぽっちゃりで、男子からも女子からも微妙にイジメにあってたみたいなんだよね。
イジメっていうかイジリ?
パパ活をするシングルマザー
それで自分は誰からも相手にされない、普通のことが普通にできない人間だって思いこんでたみたい。
大学に入って、初めて普通に合コンとかに誘われたりして、「ぽっちゃりでも普通にしてていいんだ!」って目覚めたらしい。
それで、ぽっちゃり女子のパパ活も結構イケるんじゃないかって思ったらしく、周りがそういうことしてたのもあって、パパ活始めたって。
そのぽっちゃり女子のパパ活報告、私が期待してたより最近上手く行くことが多いんだよね。
多分、徐々にパパ活のコツをつかんできたんじゃないかな?
ぽっちゃりでイジられ慣れしてるから、空気は読める方だと思うのね。
だからパパ活に向いてたのかも、そのぽっちゃり女子。
セックスをしてお金を貰う
謝礼交際

20歳独身バーテンダーの愛人契約ストーリー

今日、母親は愛人契約の相手…俺の遺伝子上の父に会いに行っている。
俺のその愛人契約をした男に会うように言われたが、断った。
会いたくなんてない。
一度も会ったことはないし、これからだって会う必要はない。

ため息をつきたくなってくる。

そんな中でも開店時間は迫ってきているので、
制服に着替えた。

黒いスーツに袖を通すとホストだったときのことを思い出す。
もういまはその仕事は上がっている。
でも、水商売に一度染まると、昼職ができない。
むしろホストを二年もできた俺は元々昼職に適性なんて
なかったのだろう。

ホストをやめたきっかけは彼女の存在だった。
キャッチをしている最中に知り合い、一目ぼれした女の子。

それがいまの彼女。

彼女とはもう二度と会えないと思っていたのに、
そのあとも何回か彼女とは歌舞伎町で再会した。
こんなにこの街の中で会うなんて、彼女も水商売の
人間なのかなって思ったが、違った。
たんに歌舞伎町の中でパーティーを主催している会社のスタッフだった。
まあ夜の仕事という時点では水商売みたいなものなんだけど。

俺がホストという仕事を知っていることを
前提で知り合ったのに彼女はまったく普通に接してくれた。

警戒されるかと思っていたのに、携帯電話番号とメールアドレスを聞いたら
教えてくれた。

俺は信頼を勝ち取るために絶対にこの女の子は店に呼ばないと決めた。

メール交換が始まってすぐにデートに誘った。そしたら応じてくれた。
嬉しかった。

彼女に会うたびに、好きになっていく。
そして好きになるほどに、ホストの仕事をすることに対して
後暗さを感じるようになっていった。

辞めたいなー。

自然とそう思うようになってきた。
客の女と話していても、彼女の顔がちらついてぜんぜん集中できない。
接客中でも携帯電話をいじってしまう。

まったく仕事にならない。

そんな日々が続いて、売上も落ちて、辞めた。

34歳専業主婦の割り切りストーリー

私は専業主婦ですが、主人とは最近夫婦の関係が殆どなくなってしまっています。
付き合い始めた頃は盛んだったのですが、日々仕事のストレスが溜まっていくにつれて、何もないのが当り前になってしまいました。
それでも私達は仲が悪いと言う訳ではありません。
そこで子供が学校へ行っている間に、出会い系サイトを利用してみました。
初心者だったので一番安全と言うワクワクメールに登録してみたところ、何人かの出会いがありました。
どの男性も既婚者で、割り切り目的でした。
私もそれで良いと思い、その中の一人と会ってみることにしました。
出会い系サイトというので、ギラついた人を想像していたのですが、私より年上なのにとても清潔感のある素敵な人でした。
割り切りですので一緒に話していても楽しい話題しかしませんし、ホテルへ行ってもとにかく優しい人です。
出会い系サイトで自分の足りない部分を補うことができると思ってもいませんでした。
最初は罪悪感もありましたが、今では自分でも割り切れて、習い事に行くような感覚で出かけています。
皆私の好みで優しくてハンサムなので、なるべく細く長く続けていきたいと思っています。